頭を起こし・眠気を解消する為の方法

頭を起こし・眠気を解消する為の方法

仕事中・学校でとにかく眠たい!頭を起こしたい方へ

眠たくてたまらない

なんだか眠たくて仕方がない。眠たすぎて集中できない・・・。車で事故をしてしまいそう・・・。
とお困りのあなた。とにかく頭を起こして時間を有意義に使いましょう!
今回は、頭を起こす為の方法や対策法をまとめました。

頭を起こす為の5つの対処法

  1. 体をつねる、息を止める
  2. 明るいものを見る
  3. 妄想する
  4. 飲み物を飲む
  5. 寝る

あなたが今いる状況に合わせて、やれることに挑戦してみてください。
ただ、どれもやりすぎは禁物です。目がさめたら任務完了です。
それでは解説していきます!

体をつねる、息を止める

かなりオーソドックスな方法です。体に痛みを与えることでアドレナリンを出し、目が覚めるという戦法です。
やりすぎると跡が残ってしまうので、気をつけましょう。

車の運転中や目の前に人がいる場合には、息を止めるのも有効です。
長く息を止め過ぎると酸欠になり、取り返しのつかないことになる場合もあるのでくれぐれもやりすぎは禁物です。

明るいものを見る

人間の体は光を感じることで時間を把握しているところがあります。
その為、朝起きたらすぐに太陽の光を浴びると頭がスッキリ起きたりします。

眠たいときはコレを利用して、明るいものを見てみるのも良いでしょう。
ただ、太陽を直接みるような事は絶対しないように・・・。

妄想する

今までの人生で一番恥ずかしかった事や怒った経験を想像することで、
アドレナリンが出てきて目を覚ますことができます。
その他にも、エロい妄想をしてもアドレナリンが出るようです。こちらの妄想をする場合には、周りの状況に注意しましょう。

飲み物を飲む

水やコーヒーを飲むことで頭を起こすことができます。
少しずつ何度かに分けて飲むことで、眠たい時期を乗り越えましょう!

今では、強カフェインの飲料も沢山販売されていますので、時にはそういうドリンクを頼っても良いかもしれません。

寝る

オススメなのは10分睡眠です。
新入社員の頃、トイレに行くと伝えて倉庫の端で10分後にアラームを設定し、
寝た思い出があります。少しの睡眠を極めると、数分で凄くスッキリできます。

是非とも時間を見つけて試してみてください。

あとがき

いかがでしたでしょうか。
仕事を抜け出して寝るのは、見つかることを考えるとかなり危険ですので、気をつけて行うようにしましょう。
一日7時間程度寝れると良いと言われていますが、日本社会ではなかなか難しいところがあります。

3時間程度で熟睡できるショートスリーパーの方でもない限り、毎日満足いくまで眠ることができません。
休みの日はしっかり眠るようにして、睡眠と上手く付き合っていきましょう!

睡眠による障害や疲れに関する悩みカテゴリの最新記事