自信がないネガティブな発想の人が成功する理由とストレス解消法

自信がないネガティブな発想の人が成功する理由とストレス解消法

自信がなくてネガティブな発想の人ほど成功する!

ネガティブで自信がない

自分に自信がない、
何をするにも不安でネガティブな気持ちになってしまう。

そんな人に、
「ネガティブな人は、成功しない」
「ポジティブに生きていこう!」
なんて言う人もいますね。

そんな事に耳を貸す必要はありません。

むしろ、
ネガティブで自信のない人程成功はしやすい!
というのが今回の内容です。

自信がない人は、広い視野を持っていて、
自分がどのレベルにいるか客観的に見れているからこそ自信がないのかもしれません。

ただ、時には自信が必要な時もあります。

例えば、人に提案する時、

自信なさげに、
「こ、、この商品は、凄く素晴らしいと思いますが、、、」
なんて言い方をすれば、買ってくれる人はいないでしょう。

外に向かって何かをする時は、
自信ありげに話すことも求められます。

この時ばかりは、ネガティブを封印することも大切ですが、
普段からポジティブに自信満々でいる必要はないです。

これらを説明するには、
まず、ネガティブで自信がない人の特徴を見ていきましょう!

ネガティブで、自信がない人の特徴

自信がない人の特徴

ネガティブで自信がない人は、
ポジティブな人に比べて、リスクを恐れる特徴があります。

例えば、計画を立てる時、
ネガティブな人だと「失敗して大きな損をするかもしれない」と考えたり、
「何度見直しても、これでみんなが満足するとは思えない」など、失敗するリスクや成功しない理由を考えがちです。

そうして、
自分にとって「完璧な企画じゃない」と思ってしまうので「自信がない」訳です。

そもそも「自分が考える企画なんて、良くないモノだ」というネガティブな性格からくる前提があるので、
何をしようとしても、不安がつきまといます。

一見悪いことのように見えますが、
完璧主義で細かなところまでの気配り目配りが出来る人が多いのも事実です。

また、ネガティブで自信のない人は、
見た目や話し方からはなかなかわかりづらい時があります。

口が上手くて一見ポジティブそうに見える人でも、影では色んな努力をしていて、自分に自信がないなんてこともよくある話です。

そんな、完璧を求めるような性格をしているので、
心配し過ぎて気疲れを起こしやすい所があったり。
でも、何かを始めようという時には、不可欠な存在として力を発揮してくれます。

ネガティブで自信がない人が成功している

ネガティブで自信のない人の成功

ポジティブで自信のある人は、思い切りが良くて、前のめりに挑戦していくイメージがあるので、こちらの方が成功しやすいイメージがあります。

でも、実際は物事を始める時に、
しっかりと地盤を作ってから進めるネガティブな人の方が、仕事や人生において成功してる人が多いのです。

かの有名なスティーブ・ジョブズも、
あれだけ完璧なプレゼンをしていて自信家に見えますが、
あのプレゼンの影では、入念なリハーサルが何度も何度も行われています。
事細かに心配要素をなくしていった結果、多くの人にわかりやすく記憶に残るような実績を作り上げているのです。

あの左右の手の指先を合わせる動作は、
自分の脈拍を感じることによって、自分を落ち着かせている動作とも言われています。

ネガティブで自信がないからこそ、
自分がどのくらい緊張していて脈が早くなっているのかを探りながら、
確実に良いパフォーマンスを発揮している訳です。

自信がなくても、
それを補うスキルをしっかり身に付ければ成功者になれるということですね。

ただ、ずっとネガティブ思考をしていると、
気持ちが持たず、ストレスが溜まりやすいというデメリットもあります。

次は、ネガティブ思考な方がストレスを溜めにくい考え方についてお伝えします!

ネガティブ思考でもストレスが溜めにくい考え方

ストレスフリー

SNSなどで楽しそうに若い人が集まってパーティーをしていたり、
特別な場所で集まって写真を撮っていたり、

そういうポジティブなモノを見ていると、
ネガティブ思考な人には眩しすぎて、ストレスが溜まりやすいです。

また、「自信持てよ!頑張ろう!出来るって!必ず出来る!」というような自信を持つように強要してくる人に会った時も、
同じようにストレスを感じるでしょう。

上記のような、ポジティブ発想の人に無理をして会う必要はありません。

そう、ネガティブ思考で自信のない人が、
ストレスを溜めないようにするには、気分が乗らない時に無理をしないことです。

それよりも、自分の感覚を大切にして、
一つ一つを確実にこなし、楽しい時はポジティブな人と話せば良いんです。

それでいて、ここぞ!という時には自分の感覚を研ぎ澄まして大きな成功を手に入れてましょう!

あとがき

自信のない時って疲れちゃいますよね。
仕事をまだ覚えてない時や、初めて何かをする時、ドキドキして失敗しがちです。

でも、そんな失敗を恐れる自分を受け入れて、武器にしていければ、こんなに強い武器はないと思いません?
「失敗しないように考えてくれる人間」を求めてる人なんて星の数ほどいますよ!

プラス思考で考える捉え方カテゴリの最新記事