悩み事で落ち込んでしまった時の対処法は人それぞれ

悩み事で落ち込んでしまった時の対処法は人それぞれ

悩みを解決するには人の真似をしてはダメ

悩みを解決する方法

どうにも気分が落ち込んでしまってどうしようもない時、
あなたはどう乗り切っているでしょうか。

「大声で気が済むまで叫ぶ!」
「気晴らしに遊びにいく!」
「寝たら忘れる」
「考えないようにすれば良い!」

なんて、自分なりの答えを持っている方も多いかと思います。

ただし、それらが必ずしもあなたに合った解消法とは限りません。

人それぞれ性格が違うのだから、あなたと全く同じ解決法をしている人はあまりいないはず。

自分に合っていない間違えた方法で、
無理に納得しようとすると逆効果になることも多いので注意が必要です。

そこで、今回はいくつか落ち込んだ時の対処法をご紹介しますので、
気持ちが落ちた時は意識してこれらの方法を是非試してみてください!

気分が落ち込んだ時の対処法

悩みごとをとにかく書き出す・吐き出す

悩み事を書く

気分が落ち込んでいる原因や事柄を紙に書き出す方法です。
落ち込んでいる事を再認識するような動作にも思えるのですが、胸の中に溜まっている事を「一度吐き出す」ことも大切です。

「吐き出す」という意味では人に言うことでも気持ちが楽になりますし、
言えないような事は書くようにすると良い。

紙に残す場合には、誰かに見られてしまうリスクもあるので日記やブログに書く時は細心の注意が必要です。

オススメは、何でもない捨て紙に書いてしまって、後で破って捨てることです。
紙を破くと、紙を破いた時の音はストレス解消にもなるので、一石二鳥ですよ!

他のことに集中する

何かに集中する

落ち込んでいる内容に関係のない趣味や遊び、仕事に集中する方法です。

決して忘れる訳ではないのですが、何かに集中している時は、ふと悩みのことを考えていない自分に気付けます。
熱中することの期限が決まっていたり、
他の事を考える暇のないような集中力が必要なものが良いです。

無理に興味のないような事を始めるとかえって手につかなくなり、
気付けば悩みのことばかり考えてしまうので注意が必要です。

サッカーやバスケットボール、バレーなど、頭も使う体も使うようなスポーツができる人は、
体も動かせてストレス解消にもなるのでオススメですよ!

期間を決めて向き合うようにする

スケジュールを決める

期間や時期を決めて、後で落ち込んだ内容について考えてみる方法です。

落ち込んだり悩む時間を作ろうと決めておいて、もし、他の日に悩みごとが出てきたら

「よし、また3日後の午後に悩もう!」

と悩む時期を先送りにしておくのです。
時間が経った後に考えると、頭が整理されていますので、
つらいことがあった直後よりも、気持ちを楽に保つことができます。

落ち込む本質は何かを分析する

自分を分析する

落ち込むようになった原因はどこにあるのでしょうか。そして、それはどうすれば解決するのでしょうか。

これを分析すると、
「よくよく考えてみれば、そんなに悪いことでもないな」と思えるかもしれません。

落ち込んでしまったり、自分を責め出すと周りが見えなくなってしまい、
物事の本質を見極める力が少なくなっている可能性があります。

そんな時は、
相手がいる場合は、その人の今までの行動を思い出して、その人になった気持ちで考えてみる。

・起こったこと
・それに対するマイナス部分
・これを乗り越えることで得られること
・動いた結果はどうなるか。

など、様々な視点から物事を分析してみましょう。

もし、1人じゃ難しい場合は、人に聞いてみるのもありですよ!

落ち込んでしまうと、最悪の事態ばかりを考えがちですが、実際にはそれほどマイナスにならない場合も多いです。
「ゼロか100」で考えようとせず、本当のマイナスポイントを把握するようにしましょう。

最後に、落ち込んだ気持ちを更に加速させる可能性のある方法もご紹介します。

逆効果になりがちな対処法

逆に落ち込む

意識して気にしないようにする

いつのまにか悩みを忘れられそうなので、
一見良いように聞こえますが、
大きな悩みほど、「気にしない」なんて難しいことです。

難しいだけではなく、
落ち込んだ原因について考えないようにすればする程、逆に気になってきちゃって、
いつしか頭から離れなくなる。
なんてこともあります。

例えば、
ピンク色のイルカを思い浮かべてみて下さい。
ピョンピョン海を跳ねたり泳いだりしています。

さて、そのピンクのイルカを忘れてください。
そして、完全に忘れられたら教えてくださいね。

と言うと、逆にピンク色のイルカが忘れられなくなる。
なんて言う実験がありまして、忘れようと思えば思うほど意識してしまうようになる訳です。

なので、周りの人が悩んでいる場合にも、
「気にしないようにしなさい!」なんて軽く言わない方が良いですよ!

悩んでいる程度にも寄るので、不用意なことは言わないようにしましょう!

あとがき

人は誰でも失敗します。
深く悩み過ぎずてもあまり良いことがありませんよ!
落ち込んで、悩むこととは成功への架け橋とも言いますが、無理しすぎは禁物です。
体を壊す前に、自分なりの対処法を見つけて、上手く切り抜けましょう!

家事や日常に関する悩みカテゴリの最新記事